ちなみに補足として。
台詞に「」がついていないのと、小説ならよくある~はなんとかした。
みたいなのがないのは、読む際にイメージを膨らませて欲しいからです。
かっちり作りすぎると遊びの余地がなくなってしまうので、そういうのはなんか違うかなと。
あくまで小説ではないんでね。あとはどっちかっていうとシナリオは漫画ネームみたいなもんなんで。
めんどくさいとかそういうことの言い訳じゃないのよ!ちゃんと意味があるの!

さて、あんまり私がしゃべりすぎると世界観がブッ壊れる壊れる。
もう手遅れか。というか普段のノリと幻想鏡現詩の話のふいんき(なぜか変換できない。
が違いすぎると個人的に思う。まあどうでもいいか。後これもブログにかけよと。
時間があったらまたそっちに移しておきますのでゆるして。後ここ見てる人とかいんのか。
少なくとも一人知ってるのでまあいいかしら。見てくれる人のための物だからね。

幻想鏡現詩の漫画とか手書き動画とかみてーなー(フラグ。

ということでシナリオが九番目『清明』をごらんあれ。
ちなみに清明ってのは、よく聞く春分っていう時期と、穀雨っていう
大体四月頭くらいの時期のことをさすのよ。まー橙のスペカの飛翔清明から来てるんですが。
というよりは現実世界とリンクする幻想鏡現詩。
スペカの符名とシナリオと現実の世界がリンクしてます。
そろそろ例大祭、実際にカードを手に取った方はフレーバーテキストを
ご覧になっていただければにやりかと。

ということでっていってから長いねしかし。話しすきすぎるだろ。
というあれでした。ちなみに清明はらんしゃまとちぇんのお話です。どぞー。

あ、そうだ天狗様のシナリオ『硝子』は要望があったらで。いまんとこは出す気無いです。
本文よりなげぇんじゃねえかここ・・・。まあいいか。

シナリオ009 清明  





藍様?

あ、ああ橙か、すまないな。


……。

・・・・・・あまり無理をしすぎたら倒れちゃいますよ。


いや、こればかりはそうも言ってられないからね。
紫様も殆ど力を使ってしまってる以上、私がやらなければならないことだ。

スペルカードを作るのはお前にはまだ早いからね。


ごめんなさい、私がもっと役に立てれば……。


何を言っているんだ。こんなにも役にたっているじゃないか。

お前がいるから、今の私があるんだよ、橙。


……どういう意味ですか?


ふふ、お前も自分の式を持てば分かるよ。


……お布団は用意しておきました。


・・・そうか、ありがとう。もう二、三枚作ったら休むよ。


ちゃんと―――――――――――


もう三日、藍様は休まず『スペルカード』を作り続けている。

『外』の世界で力を使うためには欠かせない『スペルカード』


現実と夢とを分けた結界。
紫様は何も教えてはくれないが、大変なことになっているのはわかる。
あの空にあいた大きな穴は「外の世界」につながっているらしい。


――――――――――休んでくださいね。


ああ、わかってるよ。       ぱたん。


ただ、見ているだけではつまらない、私も。
私も、力になりたい。


スッ・・・。スペルカード・・・。


・・・・・・「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」


か・・・・・・。

私はどんな花に。



―――――――――――――――――――――――――――


藍。

紫様・・・・・・。


ごめんなさいね、貴女に負担ばかりかけて。

何をいまさら、ふふっ。

少し向こうへ行ってくるわ。少しいいことを思いついてね。

そうですか、お気をつけて、お帰りは。

三日後、かしらね。情報収集よ。

わかりました、少しでも多く…・・・んむっ!。


貴女も少しおやすみなさいな。私のいない間、留守は任せたわよ。

! スペルカード・・・・・・。こんなに・・・。

二万は作ったかしらねぇ。・・・・・あら、一万四千位しかなかったわ。

ふふっ、相変わらずですね、こんな時だと言うのに。

山火、雨を待つよ。焦ったところでどうにもならないもの。
ゆっくり、少しづつ。万物発して清浄明潔なれば、よ。

それも、そうですね。

心配しなくてもきっと、素敵な花が咲くと思うわ。



いえ、ああそうそう、あの子も少し借りていくわよ。


・・・・・・そういうことですか。わかりました。


修復はとりあえず増えも減りもせずに落ち着けてるし、あまり気負い過ぎてもね。


サアアァァァァァァ……。



・・・・・・もうじき梅雨ね。


ええ、傘はお忘れにならず。

――――――――――――――――――――――――――――――――


え?私がですか?

ええ、貴女も行ってみたいでしょう?外の世界へ。

はい!はい!はい!!わぁー!うれしい!
必ず!力になってみせます!紫様!


ふふっ、けれど私からは離れないように、ね。


私も、私も必ず力になってみせる。


      此芽は何の草としれるなり、ね


心配しなくても、ちゃんと成長しているわよ、藍。



昨晩の雨は止み、春は輝いていた。

                                    清明 おわり
inserted by FC2 system