カードの能力、用語解説

以下に幻想鏡現詩に登場するキーワード能力、用語を解説します。
工事中です。検索等が出来るようにサイトの構築を勉強中ですので少々お待ちください。



パワーアタッカー+n

攻撃時にスペルカードのパワーを上昇して計算する能力。攻撃の際なので、 攻撃している状態の際はパワーが上昇したままの状態です。攻撃の終了後。パワーは元の値に戻ります。


フレア+n

ブロック時、ブロッカー能力の参照時にスペルカードのパワーを上昇させて計算する能力。
参照するときに計算されるので、指定パワー以下のスペルカードを破壊するという能力の対象になった際も起動します。
またブロッカーに指定のパワーを付与するという能力の際も起動します。
バトルの終了時、指定が解除されればパワーは元の値に戻ります。


ガードクラッシャー+n

ブロッカーとのバトル時にパワーを上昇させて計算する能力。
相手が攻撃、ブロックした場合にブロッカー能力を持っていた場合起動します。


W(ダブル)・ブレイカー

相手の宣言カードへの攻撃時、一度に二枚ブレイクすることが出来る能力。 攻撃を二回するわけではないので一回のブロックで止められます。


S(スペル)・トリガー

宣言カードがブレイクされて手札に加えられる際に、任意でコストを支払わずにそのカードをその場で発動、召喚 することが出来る能力。スペルトリガー能力が発動した際は基本的にどの処理にも優先的に処理されるため、 割り込める性質を持ったスピードマジック、神速、仙術、妖術で割り込むことは出来ない。


グレイヴ・トリガー【指定】

【】内に指定されたカードが墓地に置かれる際に発動する能力。発動する能力は下記に記載されています。


ブロッカー

相手のスペルカードの攻撃の対象をこの能力を持つカードに変更しバトルすることが出来る能力。 ブロックするかしないかは防御側のプレイヤーの任意。


スレイヤー

スレイヤー能力を持ったスペルカードとバトルした場合、バトルに勝利しても墓地に置かれるという能力です。


インビジブル

相手のスペルカードの攻撃対象にならないという能力です。
この能力を持つスペルカードがアンアクティブ状態であっても相手スペルカードはインビジブル能力を持ったスペルカードを攻撃対象として選択出来ません。


グレイズn

このスペルカードがバトルによって墓地へ置かれるとき、指定コストnを支払いバトルでの破壊を免れる能力。
この能力を打ち消し、かつ以後のグレイズを不可能にする「封印」能力もある。


切り返し

この能力を持ったスペルカードがトリガーしたとき、このスペルカードのパワーを指定のパワー分上昇させ、宣言カードをブレイクしたスペルカードと 任意でバトルするという能力です。バトルの処理は通常と同じです。


神速n

赤、緑のスペルカードのみが持つ能力。
この効果を持つスペルカードをnコストを支払って相手のターン中に召喚できる能力。
基本的に相手のスペルカードが攻撃中に神速召喚をした場合、攻撃しているスペルカードとバトルすることができる能力も付随します。
*処理は別記
相手のターンに神速召喚をした場合はこちらのほうに優先権が回ってくるので基本的にはこちらの処理から行います。(他特殊能力がある場合)
支払うコストは特別に記載がなければ通常召喚と同じく、そのカードの色を参照します。
例1:赤のスペルカード、神速3/神速召喚時、赤3コストのカードと同じく召喚可能。
例2:緑のスペルカード、神速妖2/神速召喚時、妖力2コストで神速召喚可能。


スピード・マジック

魔力を使った相手のターンに発動できる割り込み能力です。
タイミングは基本的にスペル・トリガーのカードの処理中でなければ発動できます。
スピード・マジックにスピードマジックにスピードマジックで割り込んだ場合、後から発動したスピードマジック能力を優先的に解決します。



仙術/妖術

霊力、妖力を使った相手のターンに発動できる割り込み能力です。
基本的にはスピードマジックと同じ処理をします


エレメンタル(色n)

自分の霊玉ゾーンに指定の色の霊玉がn個ある場合にその効果を得ると言う効果。
エレメンタル能力は常に自分の霊玉ゾーンにある霊玉の色、個数を参照しているので他のカードなどの能力によって霊玉の個数が増減した場合、 その条件を満たしていない状態になれば能力は解除されます。


チェイン-(アタッカー+A)(ブロッカー+B)など

自分の他のスペルカードがなんらかの行動をするときに、この能力を持つスペルカードをアンアクィブして、
そのパワーを上昇、もしくは何らかの能力を付与すると言う能力です。
チェイン・アタッカーの場合は自分のスペルカードの攻撃時、チェイン・ブロッカーは自分のスペルカードのブロック時に反応する。

色指定の場合はチェイン-(色)、キャラクター、種族の場合はチェイン-(種族、キャラクター)となっています。


水流

このスペルカードはステルスアタッカーを持つスペルカード、赤、緑のスペルカードをブロックできると言う効果。
青のカードが持っていることが多い。サーチバインドの上位能力でもあり、ブロッカー能力を持っていなくてもブロックできるため、
ブロッカー能力を参照するカードの対象にはならない。ただし恩恵も受けられない。流炎の対になる防御的な効果。


流炎

このスペルカードは水流の影響を受けず、赤、青の魔力を使用した能力の対象にならない能力。
赤と青の魔力を使用した効果の対象にならないので、二つの色の魔力を使った能力に耐性がある。また水流能力を
無効にするため、ブロッカーを持っていない水流能力を持ったカードにブロックされなくなる。水流の対になる能力。


雷撃

このスペルカードとバトルしたスペルカードは次のターンアクティブできず、雷撃の能力の影響を受けないと言う能力。
雷撃の影響を受けないので同じ雷撃能力を持ったカードに耐性がある。
バトルに負けても雷撃能力の影響を相手のスペルカードに与えるため、1ターン相手の行動を阻害できる。


先制攻撃

バトルの際、バトルしているスペルカードのパワー上昇修正の影響を受けずに、同パワーのスペルカードとバトルしたときに勝つ能力です。
パワーアタッカー、ガードクラッシャー、フレアなどパワー上昇系の影響を無効化できます。


モード・シフト-(指定)、モード・プラス-(指定)

モード・シフト-(指定のキャラクター、もしくは種族)がお互い何れかのバトルゾーンに存在するという条件を満たせば、
カードの能力自体を任意で変更する場合は【シフト】、追加が出来る【プラス】に分類しました。
カードによって能力の追加、選択の何れかに該当するので同じモード・シフトorプラスどちらの能力なのか注意しましょう。


四季-(春、夏、秋、冬)

この能力を持ったスペルカードがバトルゾーンにあるとき、指定された季節をお互いのゾーンに発現させる。四季の発現は強制。
四季は指定のカードが場に存在する限り発現し続け、季節の種類によって特殊な能力の起動、カードの使用条件に影響する。
四季は他の四季が発動している際は効力を失うので、複数四季が場に存在する場合は数が多いほうが発動するため注意しましょう。
この効果は打ち消される、という能力は四季自体の能力自体が他の四季によって打ち消されるための記載です。

例*バトルゾーンに存在する四季の数が以下の場合は

自分のバトルゾーン:秋・冬 相手のバトルゾーン:春・冬

この状態では季節は冬の状態になります。

季節を(春夏秋冬)に塗り返る

塗り返ると記載のあるカードは発現している四季をこのターンのみ上書きして発動します。
塗り替える能力のみ、特別に同系統の下記能力で上書きできます。
春:スプリングフォールド
夏:
秋:オータムフロウ
冬:ウインターブラスト


スピードアタッカー

この能力を持ったスペルカードは祈祷中にならないという能力です。

通常召喚した際は祈祷中の状態になりますが、この能力があれば召喚してすぐに攻撃、行動が可能です。

スペル・ドライブ-(キャラクター名)

指定キャラクターのスペルカードに重ねて召喚するカード。召喚の際は必ず(キャラクター)を参照しなければなりません。
この時下にあるスペルカードが祈祷中であってもそれを解除するので、一ターンに一度に召喚できればスピードアタッカーと同等の行動が可能になります。


現状スペル・ドライブには
■EX(エクストラ) :キャラクターが合っていればドライブ可能
■Hard(ハード)  :キャラクターとそのスペルカードの色を指定、もしくはドライブしていれば可能
■CC(クロス)  :二枚以上の別のキャラクターのスペルを重ねてドライブ可能

の三つがあります。それぞれにドライブの条件がありますのでカードを選ぶときは注意しましょう。


デッキ(山札)

スペルカードバトルに使用するカードの単位。40枚のカードで構成され、サイドデッキに類するものはありません。
同名カードは最大4枚までデッキに組み込むことが出来ます。4枚以上同名カードがある場合ルール違反となって敗北してしまうので注意しましょう。 山札のカードが0枚になった時点で、その持ち主は敗北します。


墓地

破壊されたスペルカード、または発動し終わったイベントエフェクトなどのカードを置く場所のこと。
山札の上側にカードを表向きにして置きます。(墓地の場所はプレイヤーの置きやすいように、お互いがわかるところにおきましょう)


ドロー

自分の山札の上からカードを引く事。手札に加える、という能力とは違うため注意が必要。


手札

自分の手に持っているカード。原則として相手プレイヤーに手札を公開する必要はありません。


アンアクティブ

カードの行動終了時の状態。カードを横向きにします。(横向きに倒す方向に指定はありません)
  アンアクティブ状態のスペルカードは攻撃対象として選択可能です。
霊玉の場合は新たにアクティブしない限り霊力を生み出すことは出来ません。


アクティブ

カードの行動可能状態のこと。スペルカードであれば攻撃、ブロックが可能で、霊玉であれば霊力を発生させることが可能です。
アンアクティブ状態のカードを立て向きに直すことをアクティブする、といいます。
  アクティブ状態のスペルカードは攻撃対象として選択することは出来ません。


霊玉

カードを使用するために必要になるエネルギー「霊力」を生み出す宝珠。
  基本的には指定された色の霊力のみを生み出すことが出来るが、紫、魔と記載された霊玉はそれぞれ「妖力」「魔力」を生み出すことが出来ます。   一ターンに一度、チャージフェイズに手札のカードを霊玉に変換することが出来ます。
カードの能力以外では霊玉に変換したカードを還元することは出来ないので注意しましょう。


霊力

霊玉から生み出されるカードを使用するためのエネルギー。霊力コストとも言い換えられ、現在五色存在する。
アクティブ状態の霊玉をアンアクティブすることで発生します。また、霊力は発生させたターンの終わりに消滅するため次のターンに持ち越すことは出来ません。


魔力

特殊霊玉「魔霊玉」から発生する魔法の力の源。魔力が必要なカードを使用する際のコストになる。現在五色存在する。
基本的な処理は霊力と同じで、魔法使いや妖精のカードを召喚、能力を発動する際に必要になります。


妖力

特殊霊玉「妖霊玉」から発生する妖怪の力の源。妖力が必要なカードを使用する際のコストになります。
基本的な処理は霊力と同じですが、妖霊玉から妖力を発生させる場合はリスクが伴うので注意が必要です。

霊玉、特殊霊玉などについては◆こちら◆を参照のこと。

チャージ

自分のターンの始めに自分の手札からカードを1枚選んで、霊玉ゾーンに置くこと。
  また、このことを「霊玉に換える」と言う。



召喚、発動

霊力コストを支払い、手札からスペルカードをバトルゾーンに出すこと。
  イベントエフェクトを手札から使うことを発動といいます。



バトル

スペルカード同士の戦闘のこと。戦闘ではパワーが大きい方のスペルカードが勝ち、負けた方のスペルカードは破壊され墓地に持ち主の置きます。
パワーが同じスペルカード同士のバトルは引き分けとなり、両方とも破壊されます

ただし、一部のカードが持つ効果によって、このルールが適用されない場合もあるので注意しましょう。



ブロック

ブロッカーという能力を持つスペルカードで、攻撃している相手のスペルカードとバトルすることでその攻撃を阻止すること。
  ブロッカー能力を持つスペルカードでなければ攻撃ををブロックすることは出来ません。


ステルスアタッカー

  サーチバンド効果を持つスペルカード以外にブロックされない効果。


サーチバインド

  ステルスアタッカー効果を持つスペルカードをブロックすることができる効果。


祈祷中

  バトルゾーンに出したターンの間、そのスペルカードは攻撃することができない。
この状態のことを『祈祷中』と言います。
ドライブとスピードアタッカー能力を持つスペルカードは祈祷中にならない能力なのですぐに攻撃できます。


宣言カード

  山札の左側の宣言カードゾーンに裏向きに並んだカード。相手のスペルカードによるダイレクトアタックからプレイヤーを守ります。
宣言カードが全てブレイクされた後、相手の攻撃をブロックできなければ敗北となります。


スペルブレイク

スペルブレイクとは宣言カードをスペルカードの攻撃によってブレイクすることです。

ブレイクされたカードがS(スペル)・トリガー能力を持つ場合、手札に加えた際にコストを支払わずに召喚、発動することが出来ます。


破壊する(される)

バトルでの敗北やカードが持っている効果によってバトルゾーンにあるスペルカードを持ち主の墓地に置くこと。










プロモーションカード、SPカード


◆C001空観剣「六根清浄斬」  ×妖々剣戟夢想
◆C002恋夢「夢色の星屑」   ×おいもと
◆C003夏祭「食欲霊徘徊」   ×ProjectAD
◆C004禁忌「レーヴァンテイン」×嵐雪嵐花
◆C005「蓬莱の樹海」     ×色原みたび
◆C006天象「水天一碧の煌」  ×SINNNKAI




inserted by FC2 system