ゲームターンの進み方


◇ゲーム開始◇
*注意*先行プレイヤーはカードをドローできません。五枚の手札でゲームをスタートします。

フェイズ1 アクティブフェイズ

前の自分のターンでアンアクティブのカード(行動済みとして横向きにしたカード)があれば、
それらをすべてアクティブ(行動可能状態として縦向きに)します。

この時、自分の霊玉ゾーンに裏向きで横になっている(妖力によって穢れている)カードがあれば、
表向きにしてください。この時カードの向きは横向きの状態のままです。

フェイズ2 ドローフェイズ

自分の山札からカードを一枚引きます。先行のプレイヤーはこのフェイズをスキップします。
この時、自分の山札からカードが無くなった時点でそのプレイヤーは負けになり、ゲームを終了します。


フェイズ3 チャージフェイズ

カードを使用するためのコストになる「霊力」を生み出す「霊玉」をチャージ(溜める)フェイズです。
手札から好きなカードを一枚選び霊玉ゾーンに置くことができます。これをカードを霊玉に換えるといいます。
霊玉に換えることができるカードは1ターンに一枚だけです。チャージする必要が無ければこのフェイズを
スキップしても構いません。
霊玉にするカードはカードを逆位置(上下さかさま)にして自分の霊玉ゾーンに置いて下さい。


フェイズ4 召喚・発動(メイン)フェイズ

*注意*召喚・発動フェイズに移行した場合はチャージフェイズに戻る事は出来ません。

スペルカードを召喚したり、イベントエフェクトを発動する事が出来ます。
この時使用するカードは何枚でも使用してもいいですし、一枚も使わなくてもかまいません。
また使用する順番も自由です。

・1 スペルカードの宣言、召喚の仕方

 
自分の手札の中からスペルカードを一枚選び、カードの左上に書かれている霊力コストを支払い、
バトルゾーンに召喚します。
スペルカードのコストは、自分の霊玉ゾーンにあるカードをアンアクティブして発生させた霊力を支払います。
霊力コストを支払うだけの霊玉があれば、スペルカードを封印から開放してバトルゾーンに召喚することができます。
この時支払うコストには少なくともひとつ以上召喚するカードの色と同じものが含まれてなければ
カードを召喚する事は出来ません。
霊力を支払ったら、使用するスペルカードを宣言し、召喚してバトルゾーンに置くことができます。

召喚されたばかりのスペルカードは100%の力を使うために「祈祷中」の状態になります。
*注意*祈祷中のカードは次の自分のターンが来るまで攻撃することができません。 


・2 イベントエフェクトの宣言、発動の仕方


自分の手札の中からイベントエフェクトを一枚選び、カードの左上に書かれている霊力コストを支払い、
使用することができます。イベントエフェクトのコストは、スペルカードと同様に支払って下さい。
イベントエフェクトはカードに書かれてある効果が実行されない場合でも発動させることが出来ます。
発動させた場合は可能な限りその効果を処理します。(イベントエフェクトの空打ち)

まずコストを支払い、使用するイベントエフェクトを宣言、次に効果を実行します。
使い終わったカードは、表向きに自分の墓地に置きます。


フェイズ5 バトルフェイズ

*注意*バトルフェイズに移行したら召喚・発動フェイズに戻る事は出来ません。

バトルの処理

1 攻撃対象の選択


攻撃は自分のバトルゾーンにあるスペルカードを使って行います。
スペルカードの攻撃は一枚ずつ行い、攻撃可能なスペルカードを使用してください。

攻撃するスペルカードを選び、アンアクティブして攻撃対象を宣言します。
攻撃先として選択出来るのは、相手のプレイヤーかバトルゾーンでアンアクティブの相手のスペルカード一枚のいずれかひとつです。


2 相手のプレイヤーを攻撃する場合


自分のスペルカードが相手のプレイヤーを攻撃し、ブロックされなかった場合、相手の宣言カードを
ブレイクすることが出来ます。攻撃したプレイヤーがどの宣言カードをブレイクするか選び、
ブレイクされた相手はそれを自身の手札に戻します。 

■Wブレイカーとは一度の攻撃で宣言カードを二枚ブレイクする特殊能力です。
相手の宣言カードが一枚しかないときにWブレイカーを成功させても、
宣言カードが一枚ブレイクされるだけで 相手のプレイヤーに影響を与える事は出来ません。(攻撃は貫通しない)


3 アンアクティブのスペルカードに攻撃する場合 


バトルゾーンにある自分のスペルカード一枚で、相手のアンアクティブのスペルカードを攻撃した場合は
スペルカード同士のバトルになります。

*スペルカード同士のバトルの処理は5に記載します。

4 攻撃をブロックする場合


カードのテキスト欄に「ブロッカー」と書かれているスペルカードだけが、
相手のスペルカードの攻撃をブロック(阻止)することが出来ます。

攻撃されたプレイヤーは自分のバトルゾーンにこの能力を持つアクティブのスペルカードがある場合、
ブロックするかしないかを選択できます。
ブロックする事を選択した場合は、ブロックするスペルカードをアンアクティブしてそのスペルカードの攻撃をブロックします。
ブロックが成立した場合は5のバトルの処理に移行します。

スペルカード同士のバトルの処理は5に記載します。 

5 スペルカード同士のバトル


各スペルカードの左下の数字を比べ、大きいほうがバトルに勝ってバトルゾーンに残り、
負けたスペルカードは持ち主の墓地に置かれます。
パワーが同じ値だったときは相打ちとなり、それぞれのスペルカードを持ち主の墓地に置きます。



6 攻撃の順序について


1 攻撃をする自分のスペルカードを一枚選んでアンアクティブし、攻撃対象を選び、宣言をします。
2 その後、相手がブロックする前に「このスペルカードが攻撃する時」に発動する能力を実行します。
3 その後、相手がブロックしなかった場合、宣言カードのブレイクかスペルカード同士のバトルになります。
4 ブロックされた場合はスペルカード同士のバトルの処理を行います。
5 最後にバトルの後にしなければならない能力があればそれを処理します。

フェイズ6 ターンの終了


自分のターンが終了したことを相手に告げ、相手にターンを譲り渡します。
どちらかが勝つまで交代でターンを繰り返して下さい。




以上がゲームの流れです。



■カットイン系能力《仙術》《妖術》《スピード・マジック》《神速》等のタイミングに関して
仙術や妖術などは基本的にどのタイミングでもコストや条件を満たしていれば発動できます。
能力の処理に関しては下記の順序で解決されます。

*スペルカードの召喚に対して妖術を発動し、それに対応して妖術を発動した場合。
A.妖術発動プレイヤー B.スペルカード召喚プレイヤー

Bプレイヤー コストを支払いスペルカード①の召喚

Aプレイヤー スペルカード①の召喚に対応して妖術①発動

Bプレイヤー 妖術①の発動に対応して妖術②を発動

Aプレイヤー 妖術②に対応する能力が無かったので妖術②の発動を了解

Bプレイヤー 妖術②の発動の了解を受けて処理の了解

《解決へ》

妖術②を解決、処理

妖術①を解決、処理

スペルカード①の召喚を処理

スペルカード①がバトルゾーンに出た時の能力を持っていたためそれを処理


といった順序で解決します。バトルフェイズに解決する場合も同じような手順で処理します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

バトルが一番複雑なので分解してカットイン系能力の発動可能なタイミングを記載します。(カットイン系能力を便宜上CUTINと記載します)

バトルフェイズ移行・バトルフェイズ移行した時に発動する能力の発動>CUTIN>
バトルフェイズに移行した際に発動した能力の処理>CUTIN>
攻撃側・攻撃するスペルカード選択前>CUTIN>
攻撃するスペルカードの選択・アンアクティブ>攻撃した時に発動する能力の発動>CUTIN>
攻撃した時に発動した能力の処理>CUTIN>
防御側・ブロックする前>CUTIN>
ブロックするスペルカードの選択・アンアクティブ>ブロックした時の能力の発動>CUTIN>
ブロック成立・バトル確定>バトルした時に発動する能力の発動>CUTIN>
バトル処理後>バトル処理後の能力の発動>CUTIN>
バトルが終了した時に発動する能力の発動>CUTIN>
バトルが終了した時に発動した能力の処理>CUTIN>

と簡単に言うとこれくらい細かいです。
能力は例外を除きすべて後に発動したものから処理します。


◆例外・重要◆
《S(スペル)・トリガー》《S(ストライク)・バレット》等の能力に関してはそれぞれトリガーした時、バレットとして発動する時は
カットイン系の能力でカットインする事は出来ません。発動した場合は優先的に処理・解決し、この能力が発動している間はカットイン系能力は
発動できないので注意しましょう。ただし、手札から普通に発動した場合はカットイン可能です。
宣言カードに関わってトリガーした場合はカットインできない!と初心者の方は覚えていただけると簡単かと思います。
*《G(グレイヴ)・トリガー》はトリガーと名前が付いていますがこちらはカットイン可能です。



inserted by FC2 system